販売形態別(オーダーメイド・セミオーダー・既成品)結婚指輪の相場

結婚指輪の販売形態には大きく「オーダーメイド」「セミオーダー」「既成品(レディメイド)」の三種類があります。

それぞれメリットデメリットがありますが、価格もその内の大きな要素になるかと思います。

当然、それぞれの種類ごとに価格もピンからキリまでありますが、やはり大体の相場というものがあります。そこでここでは「オーダーメイド」「セミオーダー」「既成品」といった販売形態別による結婚指輪の相場をご紹介します。

結婚指輪の販売形態とは?

結婚指輪の販売形態とはジュエリーショップなどのお店が用意している結婚指輪を選ぶ際の基本的なコースのようなものです。

結婚指輪の購入方法とか結婚指輪の注文方法とも言われますが、この結婚指輪の販売形態には主に「オーダーメイド(フルオーダー)」「セミオーダー」「既成品(レディメイド)」の三つの種類があります。その他に「手作り(ハンドメイド)」「アンティーク」などもあります。

多くの場合、結婚指輪を選ぶ時は最初に「オーダーメイド」「セミオーダー」「既成品」のどれにするかを決めることからスタートします。

オーダーメイド(フルオーダー)の結婚指輪とは?

オーダーメイドの結婚指輪とは自分だけの全くオリジナルな結婚指輪を作ることを言います。

厳密にオーダーメイドと言う言葉は「フルオーダー」と「セミオーダー」の両方の意味を持ちますが、一般的に「オーダーメイド」と言うと「フルオーダー」のことを指し、「セミオーダー」と分けて使われます。

オーダーメイドはデザインの段階からジュエリーデザイナー等と相談しながら世界で二人だけの結婚指輪を作ることができます。既成品にはない自由なデザインが可能な反面、製作に1~3ヶ月の期間が必要になります。

セミオーダーの結婚指輪とは?

セミオーダーとは既成品を加工したり、店が用意したパターンデザインと素材を組み合わせて作る結婚指輪のことです。

セミオーダーは近年人気が出てきている購入方法で、できるだけオリジナルの結婚指輪が欲しいけど自分でデザインするのは自信が無いといった場合に便利な方法です。

セミオーダーと言っても最近ではデザインの組み合わせが何千通りもあることが珍しくなく、限りなくオリジナルに近い結婚指輪を作ることができます。ただし、その分デザインに迷うことも多く、また製作期間も1~3週間かかります。

既成品(レディメイド)の結婚指輪とは?

ジュエリーショップなどのお店に予め用意してある決まったデザイン・素材・サイズの結婚指輪のこと。

既にデザインされているので実際にはめた感じを試すことができますし、デザイン自体もプロによるものなので安定したクオリティがあります。

ある程度のサイズ直しや刻印が可能な場合が多く、その加工期間も一週間程度と短めですので購入までの期間が無い場合は自ずと既成品を選ぶことになります。

各販売形態による結婚指輪の相場比較

「オーダーメイド(フルオーダー)」「セミオーダー」「既成品(レディメイド)」それぞれの販売形態による結婚指輪の相場はどの程度でしょうか?

平均購入金額と購入金額帯の面から調べて比較してみました。

平均購入金額の比較

販売形態別結婚指輪の相場

男女二人分合計の結婚指輪では平均購入金額が一番高いのはやはり「オーダーメイド」の24.6万円、次に「セミオーダー」の22.1万円、最後は「既成品(レディメイド)」の21.7万円ということでした。

当然と言えば当然の順位ですが意外にもそれぞれの差はそれ程ありません。

オーダーメイドは確かに高めになっていますが、それでも既成品との差は2.9万円でした。オーダーメイドの結婚指輪はかなり高額というイメージがありますが、実際は既成品とそれほど変わらない予算内でデザインしているということが分かります。

購入金額帯の割合分布の比較

男女二人分の結婚指輪において、「オーダーメイド(フルオーダー)」「セミオーダー」「既成品(レディメイド)」それぞれが購入された金額帯の割合を比較したグラフは以下のようになっています。

オーダーメイドの結婚指輪:オーダーメイドの結婚指輪
セミオーダーの結婚指輪:セミオーダーの結婚指輪
既成品の結婚指輪:既成品の結婚指輪

※単位:万円
5未満 5未満0.5%
5未満0.6%
5未満2.1%
5~10 5~102.1%
5~102.7%
5~104.8%
10~15 10~159.7%
10~1511.8%
10~1515.5%
15~20 15~2016.5%
15~2020.6%
15~2016.4%
20~25 20~2528.6%
20~2533%
20~2528.7%
25~30 25~3015.6%
25~3013.3%
25~3012.7%
30~35 30~3512.7%
30~359.7%
30~359.2%
35~40 35~404.1%
35~402.4%
35~402.9%
40~45 40~454.5%
40~452.9%
40~453.7%
45~50 45~501.2%
45~500.6%
45~501.1%
50以上 50以上4.4%
50以上2.4%
50以上2.8%

全体的に「オーダーメイド」「セミオーダー」「既成品」とも購入金額に極端な差はなく傾向は似ていると言えます。

しかし、細かい部分をみると各分類ごとに割合の高い金額帯があるなど個別に傾向があることが分かります。それらの傾向から各販売形態ごとの相場が見て取れます。

オーダーメイドによる結婚指輪の相場

オーダーメイドによる結婚指輪はセミオーダーや既成品と比べると金額帯部分への偏りがあり、25万円~50万円以上の範囲では一番高い割合になっています。

購入金額割合が10%を超えるボリュームゾーンは15万円~35万円で、この金額帯が一般的なオーダーメイドの相場と言えそうです。

セミオーダーによる結婚指輪の相場

セミオーダーによる結婚指輪はオーダーメイドや既成品と比べると金額帯部分への偏りがあり、15万円~25万円の範囲は一番高い割合となっています。

購入金額割合が10%を超えるボリュームゾーンは10万円~30万円で、この金額帯が一般的なセミオーダーの相場と言えそうです。

既成品による結婚指輪の相場

既成品による結婚指輪はオーダーメイドやセミオーダーと比べると金額帯部分への偏りがあり、5万円未満~15万円の範囲は一番高い割合となっています。

購入金額割合が10%を超えるボリュームゾーンは10万円~30万円で、この金額帯が一般的な既成品の相場と言えそうです。

結論

「オーダーメイド」「セミオーダー」「既成品」、それぞれの結婚指輪の購入金額にはそれほど大きな差異がないことが分かりました。

これは「オーダーメイド」「セミオーダー」「既成品」といった結婚指輪の種類の選択よりも、まずは予算を優先して結婚指輪を選ぶ人が多いからと推測できます。

お店側もその辺の事情は把握しており、それに沿った商品・サービスを提供していると思われます。つまり「オーダーメイド」「セミオーダー」「既成品」を検討する際はそれほど予算の違いは気にしなくてよいということです。

とは言え、厳密にみると明確に相場傾向があるのも確かです。

やはり「オーダーメイド」が一番高く、次に「セミオーダー」、一番お手頃なのが「既成品」という傾向が平均購入金額を見ても購入金額帯を見ても明らかです。特に男女二人分で10万円以下の結婚指輪を購入したい場合は「オーダーメイド」「セミオーダー」はちょっと厳しそうです。

最後まで読んで頂きありがとうございます

結婚指輪の相場】もあわせてご覧ください。

関連記事

素材別による結婚指輪の相場

素材別による結婚指輪の相場

結婚指輪の素材と言えばプラチナですが、その他にもゴールドやプラチナとゴールドを合わせたコンビもありま

記事を読む

婚約指輪の有無による結婚指輪の相場

婚約指輪の有無による結婚指輪の相場

婚約指輪を贈る場合とそうでない場合では結婚指輪の相場はどう変わるのでしょうか? 近年、婚約指輪

記事を読む

結婚指輪にダイヤモンドを入れてはダメか?
結婚指輪にダイヤモンドを入れてはダメか?

女性なら結婚指輪を買う時、どんなデザインにするか迷いますよね!

素材別による結婚指輪の相場
素材別による結婚指輪の相場

結婚指輪の素材と言えばプラチナですが、その他にもゴールドやプラチナとゴ

販売形態別(オーダーメイド・セミオーダー・既成品)結婚指輪の相場
販売形態別(オーダーメイド・セミオーダー・既成品)結婚指輪の相場

結婚指輪の販売形態には大きく「オーダーメイド」「セミオーダー」「既成品

婚約指輪の有無による結婚指輪の相場
婚約指輪の有無による結婚指輪の相場

婚約指輪を贈る場合とそうでない場合では結婚指輪の相場はどう変わるのでし

30代における結婚指輪の相場
30代における結婚指輪の相場

30代における結婚指輪の相場はどのくらいでしょうか? 近年、結婚

→もっと見る


  • 結婚指輪刻印シミュレーター
PAGE TOP ↑