結婚指輪の相場を知りたい方は多いのではないでしょうか?

小市民の私も結婚する時、それが気になって色々調べた経験があります。

いったい皆さんは結婚指輪にどのくらいのお金をかけているのでしょう?

結婚指輪の相場のまとめ

結婚指輪の相場
夫婦二人の結婚指輪の相場
男女の結婚指輪の相場
スペース
新婦の年齢別結婚指輪の相場
スペース2
婚約指輪の有無別結婚指輪の相場
種類別結婚指輪の相場
素材別結婚指輪の相場
引用

結論から言いますと、結婚指輪の相場は以下のようになっています。

夫婦二人分の結婚指輪の平均購入額 22.6万円
夫婦二人分の結婚指輪の相場 10~35万円
女性の結婚指輪の平均購入額 12.4万円
女性の結婚指輪の相場 6~16万円
男性の結婚指輪の平均購入額 10.4万円
男性の結婚指輪の相場 6~14万円

結婚指輪の相場としては夫婦二人分を合わせて10~35万円という感じです。購入金額帯で一番多いのは20~25万円の範囲で平均金額は22.6万円でした。

夫婦別で見てみると、女性の結婚指輪の相場は6~16万円男性6~14万円とそれほど差はありませんが、男性の購入金額帯が10~12万円に集中しているのに対し、女性の方は比較的購入金額にばらつきがあります。平均購入金額も夫が10.4万円なのに対し、女性は12.4万円と高めの傾向があります。

新婦の年齢別で結婚指輪の相場を見てみると25歳以下は全体の平均より低く35歳以上は全体の平均より高いというように年齢によって相場が変わる傾向があります。

また、婚約指輪を購入した場合は購入しない場合と比べて結婚指輪の相場も高くなる傾向があることが分かります。

種類や素材によっても結婚指輪の相場は若干変わります。

結婚指輪の種類別では「オーダーメイド品」「セミオーダー品」「既成品(レディメイド)」の順で購入金額の相場が下がっていきます。

結婚指輪の素材別では「プラチナ」が一番高く、「コンビ」が二番目、三番目に「ゴールド」と続きます。

これらのデータは「ゼクシィ結婚トレンド調査2014」のデータを引用し、独自に纏めたものです。全体の相場は既述した通りですが、更に細かいデータを見ると詳しい相場の傾向や地域などによる相場の違いを知ることができます。

もっと詳しく内容を知りたい方はこのページの後半をご覧ください。

結婚指輪の相場 ~詳細~

 

全体的な結婚指輪の相場(全国)

本来、結婚指輪の相場なんて気にする必要はなく、本人同士が納得して気に入った指輪を購入するのが一番です。しかし、実際に購入するとなるとやはり他の人達がどんな結婚指輪を買っているのか少し気になるものです。ここではそんな全国における結婚指輪の相場を「夫婦二人の合計」「女性」「男性」の側面からご紹介致します。

夫婦二人分の結婚指輪の相場

夫婦二人の結婚指輪の相場

「ゼクシィ結婚トレンド調査2014」によると2013年度に結婚式を挙げた夫婦二人が購入した結婚指輪の合計金額の平均22.6万円でした。

結婚指輪の相場としては10万円~35万円と言えるでしょう。この金額帯は全体の八割を越えているため殆どの夫婦がこの範囲で結婚指輪を購入していることになります。

その中でも最も多い購入範囲は20万円~25万円の間で、三割近くの夫婦がこの範囲で結婚指輪を購入しています。

女性の結婚指輪の相場

結婚指輪の相場

女性の結婚指輪における購入金額の平均12.4万円でした。

結婚指輪の相場としては6万円~16万円の間が72%と七割以上いますので、この範囲と言えそうです。

最も多い購入金額帯は10万円~12万円の間で二割近くがこの範囲で購入されています。しかし全体的にばらつきがあり、4~6万円の範囲も決して少なくない一方、男性とは違い30万円以上も多いのが特徴です。

男性の結婚指輪の相場

男性の結婚指輪の相場

男性の結婚指輪における購入金額の平均10.4万円で、女性より2万円程度低くなっています。

結婚指輪の相場としては6万円~14万円の間が68%と七割近くいますので、女性と同様この範囲と言えそうです。

最も多い購入金額帯は、こちらも女性と同様10万円~12万円の間です。

結婚指輪の相場や最も多い購入金額帯は女性と同様ですが、男性の場合は最も多い購入金額帯が27.1%と突出しており、10万円~12万円の金額帯に集中していると言えます。また女性と違い30万円以上の結婚指輪を購入した男性は少ない傾向にあります。

妻(新婦)の年齢別による結婚指輪の相場

以上までに紹介したのは全体的な結婚指輪の相場ですので、条件や状況によってはご紹介した相場がそぐわない場合があります。結婚指輪の場合、その最たるものが年齢と地域です。地域に関しては別途ご説明するとして、ここでは年齢による結婚指輪への影響を検証してみたいと思います。

結婚指輪に関する「年齢」には女性と男性のものがありますがその組み合わせで検証するとパターンが多すぎて分かりにくくなります。そのためここでは単純に女性の結婚時の年齢(つまり新婦の年齢)毎における結婚指輪の相場で見ていきたいと思います。

新婦の年齢別結婚指輪の相場

全体的な傾向

結婚指輪の相場や最も多い購入金額帯はどの世代でもほぼ同じで、おおまかな傾向は全年齢とあまり変わりません。

ただし詳細を見ると各購入金額帯の割合には世代ごとに特徴があり、全般的に新婦の年齢が上がるにつれて高額帯の割合が高くなる傾向があります。

これはやはり年齢に応じて予算の余裕がでるということでしょうか。

世代ごとで検証すると、25歳~34歳までは全年齢と似た傾向があり、24歳以下はやや低め、35歳上はやや高めと24歳以下と35歳以上を境目に結婚指輪の相場は変化していくことが分かります。

各世代の解説は以下をご覧ください。

新婦の年齢が【24歳以下】の場合

夫婦二人分の結婚指輪購入金額(新婦の年齢が24歳以下

新婦の年齢が24歳以下の場合、夫婦二人分の結婚指輪の平均購入金額は20.8万円と全年齢と比べて2万円程度低い金額で、世代別では一番低い金額となっています。

結婚指輪の相場としては10~30万円と全年齢と比べて上値が5万円低い金額になっています。

最も多い購入金額帯は20~25万円と全年齢と割合もほぼ同じですが、10万円~20万円の範囲が36%弱あり相対的に低めの傾向が見られます。

女性の結婚指輪の購入金額(新婦の年齢が24歳以下

新婦の年齢が24歳以下の場合、女性(つまり本人)の結婚指輪の平均購入金額は11.6万円と全年齢と比べて1万円程度低い金額になっています。

結婚指輪の相場6万円~14万円と全年齢と比べて上値が2万円低い金額帯になっています。

最も多い購入金額帯は10万円~12万円と全年齢と同じですが、2番めに多いのが6万円~8万円の範囲と低めの金額が多いのが特徴です。

男性の結婚指輪の購入金額(新婦の年齢が24歳以下

新婦の年齢が24歳以下における男性の結婚指輪の平均購入金額は9.3万円と全年齢と比べて1万円程度低い金額で、女性同様世代別では一番低い金額となっています。

結婚指輪の相場4万円~14万円の範囲で全年齢と比べて下値が2万円低い金額になっています。

最も多い購入金額帯は10~12万円で全年齢と同様ですが、2万円未満から8万円までにおける割合の合計が41.2%と低金額帯の比率が大きいのが特徴です。

新婦の年齢が【25~29歳】の場合

夫婦二人分の結婚指輪購入金額(新婦の年齢が25~29歳

新婦の年齢が25~29歳の場合、夫婦二人分の結婚指輪の平均購入金額は22.0万円と全年齢と比べるとちょっとだけ少ない金額となっています。

結婚指輪の相場10万円~30万円と全年齢と比べて上値が5万円低い金額になっています。

最も多い購入金額帯は20~25万円と全年齢とほぼ同じです。

この世代は他の世代と比べて突出した割合の金額帯が無く、明確な傾向が無いことが特徴と言えます。

妻(新婦)の結婚指輪の購入金額(新婦の年齢が25~29歳

新婦の年齢が25~29歳における女性の結婚指輪の平均購入金額は12万円と全年齢より若干低い金額になっています。

結婚指輪の相場6万円~16万円と全年齢と同様です。最も多い購入金額帯も10~12万円と全年齢と同様です。

この年代の女性の結婚指輪は相場である6万円から16万円以外の金額帯が他の世代と比べて低い傾向があり、比較的相場に集中してことが分かります。また、2万円未満~6万円の金額帯が他の世代と比べると一番低くいのも特徴です。

夫(新郎)の結婚指輪の購入金額(新婦の年齢が25~29歳

新婦の年齢が25~29歳における男性の結婚指輪の平均購入金額は10.2万円と全年齢より少しだけ低い数字になっています。

結婚指輪の相場6万円~14万円と全年齢と同様です。最も多い購入金額帯も10~12万円と全年齢と同様です。

この世代の男性の結婚指輪の購入金額帯にはあまり特徴がなく、全体的に全年齢に近い数字となっています。

新婦の年齢が【30~34歳】の場合

夫婦二人分の結婚指輪購入金額(新婦の年齢が30~34歳

新婦の年齢が30~34歳の場合、夫婦二人分の結婚指輪の平均購入金額は22.6万円と全年齢と全く同じです。

結婚指輪の相場10万円~35万円と全年齢と同様で、全体的な割合の分布も全年齢とほぼ同じになっています。

さらに最も多い購入金額帯も20~25万円と全年齢と割合もほぼ同じで、他の世代と比べると一番割合が大きくなっています。

このカテゴリの特徴は平均購入金額や購入金額帯の割合ともども全年齢と似た傾向にあることです。

妻(新婦)の結婚指輪の購入金額(新婦の年齢が30~34歳

新婦の年齢が30~34歳における女性の結婚指輪の平均購入金額は12.4万円と全年齢と全く同じです。

結婚指輪の相場6万円~16万円と全年齢と同様です。

最も多い購入金額帯も10~12万円と全年齢とほぼ同様で、他の世代と比べてこの金額帯に占める割合が一番高くなっています。

夫(新郎)の結婚指輪の購入金額(新婦の年齢が30~34歳

新婦の年齢が30~34歳における男性の結婚指輪の平均購入金額は10.4万円と全年齢と同様です。

結婚指輪の相場6万円~14万円と全年齢と同様です。

最も多い購入金額帯も10~12万円と全年齢と同様で、この金額帯の割合は他の世代と比べて一番高くなっています。

新婦の年齢が【35歳以上】の場合

夫婦二人分の結婚指輪購入金額(新婦の年齢が35歳以上

新婦の年齢が35歳以上の場合、夫婦二人分の結婚指輪の平均購入金額は24.5万円と全年齢より若干高い数字になっています。

結婚指輪の相場10万円~35万円と全年齢と同様で、最も多い購入金額帯の20~25万円と全年齢と同じですが、30万円以上の割合が他の世代と比べて顕著に高く、特に50万円以上は8.3%とかなり高い数字になっています。

妻(新婦)の結婚指輪の購入金額(新婦の年齢が35歳以上

新婦の年齢が35歳以上における女性の結婚指輪の平均購入金額は13.5万円と全年齢と比べ1万円程高く、また他の世代と比べて最高値となっています。

結婚指輪の相場10万円~35万円と全年齢と同様で、最も多い購入金額帯は10~12万円と全年齢と同様ですが、20万円以上は37.9%と全年齢の三倍近い割合となっています。30万円以上も多く、この世代は比較的高額の結婚指輪を購入する傾向があります。

夫(新郎)の結婚指輪の購入金額(新婦の年齢が35歳以上

新婦の年齢が35歳以上における男性の結婚指輪の平均購入金額は11.5万円と全年齢と比べると1万円以上高く、11万円台になった唯一の世代です。

結婚指輪の相場10万円~35万円と全年齢と同様で、最も多い購入金額帯は10~12万円と全年齢と同様です。

平均購入額を引き上げているのは20万円~22万円と30万円以上の割合です。特に20万円~22万円の割合は他の世代が3%台なのに対し、この世代は10.1%と突出しています。しかし、高額帯が多いだけでなく2万円未満~6万円の間も比較的多いのがこの世代の特徴と言えます。

婚約指輪の有無による結婚指輪の相場

結婚において昔は結婚指輪よりも婚約指輪に重きが置かれていましたが、現在では婚約指輪はそれほど重視されなくなってきており、婚約指輪を買わないカップルも増えてきています。

一説によると婚約指輪を購入しない代わりにその分結婚指輪にお金をかけるといった風潮があると言われたことがあります。

とすれば、婚約指輪の有無によって結婚指輪の相場にも違いがあるかもしれません。

「ゼクシィ結婚トレンド調査2014」のデータを纏めてみると次のようになっています。

●婚約指輪の有無による結婚指輪の平均購入金額
夫婦二人分 女性
婚約指輪あり 22.5万円 12.3万円
婚約指輪なし 21.7万円 12.0万円

このデータを見る限り、先程の説とは真逆で婚約指輪を購入したカップルの方が結婚指輪にお金をかけている傾向があることが分かります。

ただし、詳細のデータを見ると地域によっては婚約指輪が無い方が結婚指輪が高額という場合もあり一概には何とも言えない部分もあります。

とは言え、全体的な相場としてはそれ程違いが無いと思われます。

販売形態別による結婚指輪の相場

結婚指輪の販売形態の主な種類には「オーダーメイド品」「セミオーダー品」「既成品(レディメイド)」があります。これらの種類によっても相場が異なる可能性があります。特にオーダーメイドの場合は価格がピンからキリまであるので相場がかなり変わることが想定されます。

「ゼクシィ結婚トレンド調査2014」のデータを纏めてみると次のようになっています。

●販売形態別による結婚指輪の平均購入金額
夫婦二人分
オーダーメイド 24.6万円
セミオーダー 22.1万円
既成品 21.7万円

このデータを見るとセミオーダーと既成品はそれ程全体と相場は変わりませんが、やはりオーダーメイドは若干高めの相場になることが分かります。

素材別による結婚指輪の相場

結婚指輪の主な素材には「プラチナ」「ゴールド」「コンビ(プラチナとゴールド)」があります。日本では圧倒的にプラチナが人気ですが、欧米ではゴールドが主流です。

これら結婚指輪の素材によって購入額の相場は変わるのでしょうか?

「ゼクシィ結婚トレンド調査2014」のデータを纏めてみると次のようになっています。

※結婚指輪の素材に関しては女性と男性で素材が異なることがあるので、ここでは女性の結婚指輪の素材を基準に夫婦二人分の結婚指輪の合計金額を纏めてあります。

●素材別による結婚指輪の平均購入金額
夫婦二人分
プラチナ 22.8万円
ゴールド 20.9万円
コンビ 21.9万円

このデータを見るとやはりプラチナは全体の平均とほぼ同様でした。ゴールドとコンビに関しては全体の相場より若干金額が低くなる傾向があるようです。

最後まで読んで頂きありがとうございます

結婚指輪にダイヤモンドを入れてはダメか?
結婚指輪にダイヤモンドを入れてはダメか?

女性なら結婚指輪を買う時、どんなデザインにするか迷いますよね!

素材別による結婚指輪の相場
素材別による結婚指輪の相場

結婚指輪の素材と言えばプラチナですが、その他にもゴールドやプラチナとゴ

販売形態別(オーダーメイド・セミオーダー・既成品)結婚指輪の相場
販売形態別(オーダーメイド・セミオーダー・既成品)結婚指輪の相場

結婚指輪の販売形態には大きく「オーダーメイド」「セミオーダー」「既成品

婚約指輪の有無による結婚指輪の相場
婚約指輪の有無による結婚指輪の相場

婚約指輪を贈る場合とそうでない場合では結婚指輪の相場はどう変わるのでし

30代における結婚指輪の相場
30代における結婚指輪の相場

30代における結婚指輪の相場はどのくらいでしょうか? 近年、結婚

→もっと見る


  • 結婚指輪刻印シミュレーター
PAGE TOP ↑